簡単にできる部屋選びのコツを覚えよう

省エネの方法

住宅の断熱性を高めることで大きな省エネ効果を得ることが出来ます。省エネの工事を行うことによって住宅エコポイントを貯めることができるので、所有している不動産をエコにしましょう。

» 詳細を確認する

賃貸のメリット

より快適な環境で生活していくためのポイントとして、エコがあります。現在では住宅エコポイントという制度もあり、多くの方がこのポイントに興味を示しているのです。メリットが多い住宅エコポイントを利用して、より快適な毎日を送りましょう。

» 詳細を確認する

耐震性を高める

耐震性を鑑みて家屋を建てることは必須ですが、どうせ家屋を建てるのであれば住宅エコポイントへ申請してみましょう。申請と同時に被災地の復興に一役買うことが出来る制度です。

» 詳細を確認する

環境を考えた暮らし

環境の事を考えた暮らしをする事で、地球にも家庭にも良い影響を与える生活を送る事が出来ます。住宅エコポイントというものは震災復興を目的としたメリットある制度です。

» 詳細を確認する

違いを知って

家という不動産の購入方法は、主に2種類あります。注文住宅と分譲住宅という購入方法ですが、どちらでも住宅エコポイントは取得可能です。状況に合わせて、どちらの購入方法にするのか考えていきましょう。

» 詳細を確認する

エコな住宅

お得な交換商品が人気。住宅エコポイントのことならこちらへお進み下さい。申請方法などもわかりやすくご案内します。

ガスや電気、灯油などのエネルギーは今や生活に欠かせないものとなっていますが、現在では、少ないエネルギー量で効率良く機能する商品開発が盛んに行われており、色々な製品が商品化されています。 エアコンや冷蔵庫などの家電に始まり、今では給湯器やトイレといった設備に関しても省エネ化が進んでいます。 給湯器に関しては高効率給湯器が各メーカーから発売されていて、例えば電気を動力としたエコキュートに関しては、従来の3分の1かそれ以下のエネルギー消費で済むように作られています。 また、現在3回目となる住宅エコポイント制度が始まっていますが、今回は省エネ住宅ポイントと名称変更をして、これらの省エネ設備に関してもポイント対象となっています。

今回の住宅エコポイント制度では、高効率給湯器や節水型トイレ、太陽光システム、高断熱浴槽、節湯水栓の5種類が対象となっています。ただし、住宅エコポイントの発行対象となるのはこの中から3種類以上設置することが条件となっています。 これらの商品は家電量販店などで販売されていますが、設置する場合は専用業者に依頼して取り付けてもらうことになります。 住宅エコポイントの発行対象となっている場合は、個人で申請する必要があり、必要な書類を窓口か郵送で提出します。発行されたポイントは好きな商品に交換することができ、全国型の商品券やプリペイドカードなどがありますが、追加で工事をする場合には即時交換ができるようになっています。

» ページのトップへ戻る